中国・湖北省から帰国した公務員、2週間隔離対応=韓国

中国・湖北省から帰国した公務員、2週間隔離対応=韓国

中国・湖北省から帰国した公務員、2週間隔離対応=韓国(提供:news1)

韓国政府が新型コロナウイルス(新型肺炎)拡散防止のため、去る14日午後に中国・湖北地域から帰国した公務員は公暇を使い、2週間隔離するようにした。

29日、人事革新処によると、このような内容の「公務員服務管理指針」を各省庁に通知した。

指針によると、去る14日以降、中国・湖北から帰国した公務員は症状がなくても、潜伏期間を考慮し帰国日を基準に、2週間隔離し公暇処理するようにした。

新型コロナウイルスで学校などが休校となり、子どもの面倒を見なければならない場合、部署長が年次休暇の措置ができるようにし、年次休暇の日数が足りなければ公暇を承認する。 家族の中に感染者または隔離者がいる場合、家族が完治するまで出勤しないようにし、公暇処理する。

関連記事(外部サイト)