武漢滞在の韓国人、1次で350人帰国へ=中国側がチャーター機運航承認

武漢滞在の韓国人、1次で350人帰国へ=中国側がチャーター機運航承認

武漢滞在の韓国人、1次で350人帰国へ=中国側がチャーター機運航承認(提供:news1)

韓国政府が30日、中国当局から運航許可通知を受け次第、400席規模のボーイング747 1便を投入する。武漢市の韓国人 約700人中350人を帰国させる計画だ。臨時航空便は同日夜、出発するものと予想されている。

政府は武漢滞在の韓国人の中でまだ新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者はいないと把握した。帰国希望者のうち症状のある人もいないという。

外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は同日、新型コロナウイルス感染症対策に関する関係省庁との合同会見を通じて「中国当局が29日夜、臨時航空便1機の運航を承認する予定だと通知してきた」とし「最終通知を受け次第、運航できるよう中国側と引き続き疎通している」と伝えた。

関連記事(外部サイト)