韓国政府、米朝親書交換を歓迎「南北の防疫協力が必要」

韓国政府、米朝親書交換を歓迎「南北の防疫協力が必要」

韓国政府、米朝親書交換を歓迎「南北の防疫協力が必要」(提供:news1)

最近、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と米国のトランプ大統領が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫協力関連の親書をやり取りしたことについて、韓国政府が「悪くない」と評価した。

統一部のチョ・ヘシル副報道官は23日、政府ソウル庁舎で定例会見を開き、「米朝間の親書交換、首脳間の親書交換は政府として悪くないとみている」とし「今後、南北関係発展や朝鮮半島非核化、恒久的評価の定着に向け一貫して努力していく」と強調した。

この日、チョ副報道官は「新型コロナ防疫協力は南北住民すべての健康生存権と直結する人道的・互恵的協力という点で南北間の協力が必要だという政府の立場には変わりがない」とし「防疫協力と関連し、政府は今後、国内状況や北朝鮮の状況、国際社会の支援動向などを総合的に考慮しながら判断していく」と説明した。

また副報道官は「現在、南北間、北朝鮮の支援要請や南北協力関連の具体的な議論はなかった」と述べた。

チョ副報道官は「国内の民間団体が対北支援のため意思を統一部に伝えたが、統一部が放置している」との疑惑については「国内の民間団体が政府側に対北支援手続きや基金申請のためにこのような条件について問い合わせはあるが、現在までに条件を整えて申請した団体はない」と述べた。続けて「条件を満たしていないのは財源や物資の輸送経路などを例に挙げることができる」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)