韓国・仁川空港で「ウォーキングスルー検査」実施=新型コロナ「無症状」の外国人を対象

韓国・仁川空港で「ウォーキングスルー検査」実施=新型コロナ「無症状」の外国人を対象

韓国・仁川空港で「ウォーキングスルー検査」実施=新型コロナ「無症状」の外国人を対象(画像:news1)

韓国政府は26日午後1時より、仁川国際空港の屋外空間にて「オープン・ウォーキングスルー(Open Walking Thru/以下、ウォーキングスルー)」を設置、運営する。

ウォーキングスルーは入国者のうち、新型コロナウイルス症状がない無症状の外国人を対象とする。

新型コロナウイルスと関連し、異常症状のある有症状入国者の場合は、韓国人・外国人に関わらず、施設に隔離され検査を受ける。

中央災難(災害)対策本部によると、政府はこの日、仁川国際空港第1旅客ターミナルと第2旅客ターミナルに新型コロナウイルス「検体採取空間(ブース)」をそれぞれ8か所ずつ、計16か所設置し運営する。

関連記事(外部サイト)