スペインのテレサ王女が新型肺炎で死去…ヨーロッパの王室で初

スペインのテレサ王女が新型肺炎で死去…ヨーロッパの王室で初

スペインのテレサ王女が新型肺炎で死去…ヨーロッパの王室で初(提供:news1)

マリア・テレサ・ブルボン・パルマ・スペイン王女は、新型コロナウイルスで死亡したと遺族が30日発表した。享年86歳。

ヨーロッパの王室一家が同ウイルスで死亡が確認されたのは、これが初めてだ。

CNNによると、遺族はこの日の声明で王女が治療中だったパリで26日に死亡し、27日にマドリードで葬儀を行ったと伝えた。

地元のメディアによると、マリア・テレサ王女は、患者を看病していた看護師から感染したとされている。

関連記事(外部サイト)