セウォル号事故以降、毎年開催「国民安全の日」行事を取り止め=韓国

セウォル号事故以降、毎年開催「国民安全の日」行事を取り止め=韓国

セウォル号事故以降、毎年開催「国民安全の日」行事を取り止め=韓国(提供:news1)

韓国行政安全部は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の累積感染者が増え続けたことを受け、来る16日に予定されていた第6回国民安全の日記念行事を中止すると6日、明らかにした。

行事参加対象者のほとんどが直接・間接的に新型コロナ対応関連の業務に従事しており、制限された空間で多重接触による感染の懸念のためだ。

国民安全の日はセウォル号事故以降、2015年から国民の安全意識を高めるため、国家記念行事として毎年開催してきた。

行政安全部は記念行事とは別に、安全意識の改善に向けた様々なコンテンツを制作し、国民を対象に安全実践文化への関心や参加をPRする計画だと明らかにした。

関連記事(外部サイト)