「日本総督の髭」ハリス駐韓米国大使も参加、韓国外相「新型コロナ克服キャンペーン」

「日本総督の髭」ハリス駐韓米国大使も参加、韓国外相「新型コロナ克服キャンペーン」

韓国外務省は新型コロナの克服のために「ステイ ストロング」キャンペーンを推進している(提供:news1)

韓国の外交部(外務省に相当)は新型コロナウイルス感染症の克服のために「ステイ ストロング(Stay Strong)」キャンペーンを推進している。

外交部は去る3日にツイッター、インスタグラムなどのSNSを通じて「コロナウイルス拡散でみんなが大変なこの時、くたびれず共にがんばっていくことが大事なので“ステイ ストロング キャンペーン”を一緒にしていこう」と伝えた。

このキャンペーンに参加するためには関連リンクを通じて自分だけの応援ワードのロゴを作り、そのロゴをSNSにアップロードした後、いっしょに参加する友達3人を追加すればいいことになっている。

カン・ギョンファ(康京和)韓国外相もマスクをつけたまま「Stay Strong, Build TRUST Together」と書かれたパネルをもってこのキャンペーンに参加した。カン外相以外にも外交部と米国、ブラジル、インド、ロシア、ミャンマー、インドネシア、アセアンなどの公館で参加がなされた。

またハリー・ハリス駐韓米国大使も「Stay Strong, Fight against COVID-19」と書かれたパネルを持って参加した。韓国に赴任した後、「官邸侵入事件」や「日本統治時代の日本総督の髭」や「辞任説」の中での参加である。

その後、ロバート・エイブラムス在韓米軍司令官やデイビッド・スティルウェル米国務省東アジア・太平洋担当次官補なども次々と参加している。

それ以外にも駐韓スウェーデン、駐韓オランダ、駐韓英国大使館などの駐韓公館でも参加がつづいている。

さらに韓国の芸能人や海外の芸能人の参加もつづいている。

関連記事(外部サイト)