トランプ「WHOの過ちでパンデミックに! 」…“中国びいき”のWHOへの支援を中断

トランプ「WHOの過ちでパンデミックに! 」…“中国びいき”のWHOへの支援を中断

トランプ米国大統領は、一時的にWHOに対する資金支援を中断すると指示したことが明らかになった(提供:news1)

ドナルド・トランプ米国大統領は、一時的に世界保健機構(WHO)に対する資金支援を中断すると米国行政府に指示したことが明らかになった。

14日(現地時間)英国の通信社によると、トランプ大統領はホワイトハウスでの記者会見で、米国はWHOが新型コロナウイルス感染症の処理を誤ったためパンデミック(世界的大流行)がもたらされたとして支援の中断を決定したと説明した。

トランプ大統領は「WHOが基本的な義務を果たせなかったので、これに対して必ず責任を負わねばならない」と語った。

また、WHOが新型コロナに対する中国の“情報隠蔽”を促進させた。これにより一層広範囲にわたってウイルスの発生がもたらされたとも語った。

つづけて、米国の新型コロナによる死者数が2万5000人、感染者は60万人に至っているが、これに対してWHOにその責任を問う権利があると強調した。

最後に、WHOが早期に中国に専門家たちを派遣していたならば、新型コロナの拡散を防ぐことができただろうと主張した。

関連記事(外部サイト)

×