韓国外相、9か国女性外相とテレビ電話会議

韓国外相、9か国女性外相とテレビ電話会議

韓国外相、9か国女性外相とテレビ電話会議(提供:news1)

韓国のカン・ギョンファ(康京和)外交部(外務省に相当)長官が、9か国の女性外相と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応過程での平等、女性の役割について議論した。

17日、外交部によると、康長官は去る16日午後、女性外相テレビ電話会議に出席した。

今回の会議には韓国、スペイン、オーストラリア、スウェーデン、ケニア、エルサルバドル、ジャマイカ、コロンビア、インドネシアの9か国が参加し、スペインのアランチャ・ゴンザレス外相が主催した。

康長官は会議で「新型コロナにより、世界中の女性たちが経験する社会的・経済的困難に憂慮を示し、これに対応するために国際社会が共同の努力を傾けなければならない」と述べた。特に「新型コロナ対応過程での女性の意味ある参加と保護および支援の拡大、脆弱階層に対する人道的支援が重要」と強調した。

また康長官は、韓国が先制的かつ積極的な診断検査を通じて防疫措置を取っており、女性の保育や家事の負担を解消し、雇用維持のための様々な支援対策を施行していると紹介した。

出席者は各国の事例を共有する一方、韓国が新型コロナ危機克服の模範ケースを示していると評価した。さらに今後、新型コロナの対応過程で、女性の役割向上や力量強化に向けた緊密なコミュニケーションと協力を続けていくことで合意した。

関連記事(外部サイト)