「嘘はどっち?」北「米国大統領に手紙送っていない」「むやみに話題にするな」…トランプの発言を否定

「嘘はどっち?」北「米国大統領に手紙送っていない」「むやみに話題にするな」…トランプの発言を否定

米国のトランプ大統領は金正恩北朝鮮国務委員長から最近手紙を受け取ったことを明らかにしたが、北朝鮮側はすぐさまこれに反発した(提供:news1)

米国のドナルド・トランプ大統領はキム・ジョンウン(金正恩)北朝鮮国務委員長から最近いい内容の手紙を受け取ったことを明らかにしたが、北朝鮮側はすぐさまこれに反発した。

北朝鮮外務省報道局の対外報道室長はきのう(19日)北朝鮮の国営通信を通じて「米国大統領が以前の時期に交わした親書について回顧したのかはっきりとわからないが、最近我が最高指導部は米国大統領に手紙を送ったことはない」と伝えた。

また「我々は事実無根の内容をメディアに流している米国指導部の意図を集中分析するつもりだ」とし「米朝首脳たちの間の関係は決していつでも余談として話されるような話題になるべきではなく、決して利己的な目的で利用されるものになってはならない」と強調した。

トランプ大統領は18日(現地時間)記者会見でキム委員長から「いい内容の手紙(nice note)を受け取った」と語っていた。

英国の通信社によると、この日ホワイトハウスで開かれた新型コロナタスクフォースの会見で、「米国は北朝鮮などの敵国からかなり多くの困難を受けたが、これについて彼らに対するメッセージはあるか」という記者の質問にトランプ大統領は「彼(キム委員長)から最近いい内容の手紙を受け取った」とし「今、我々はいい関係だと思う。北朝鮮とうまくやっている」と答えた。

また「もし自分が大統領に当選していなかったら、今頃は北朝鮮と戦争していただろう」と語った。

青瓦台(韓国大統領府)は、ムン・ジェイン(文在寅)大統領とトランプ大統領が去る18日に通話したとき、トランプ大統領は自ら『キム委員長から暖かい内容の手紙を受け取った』と説明した」と伝えた。

関連記事(外部サイト)

×