韓国兵務庁、新型コロナ感染拡大で中断していた「兵役判定検査」を再開

韓国兵務庁、新型コロナ感染拡大で中断していた「兵役判定検査」を再開

韓国兵務庁、新型コロナ感染拡大で中断していた「兵役判定検査」を再開(画像:news1)

韓国兵務庁が新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、暫定的に中断していた「兵役判定検査」を再開した。

新型コロナウイルス感染が縮小しつつある韓国で20日、兵役判定検査が行われている。

ソウル・ヨンドゥンポ(永登浦)区ソウル地方兵務庁では、検査対象者が事前選別所にて体温測定を実施した上で検査を受けた。

兵務庁はこの日から、新型コロナウイルス感染拡大により2か月間、中断されてた兵役判定検査を希望者に限って実施。検査当日、サーモカメラと体温計で発熱を確認し、悪寒や咳など体調に異常がある場合は帰宅措置となる。

また、14日以内に海外から帰国した人、新型コロナウイルス集団発生施設への訪問者、自宅隔離解除から1か月以内に該当する人は検査対象から除外される。

関連記事(外部サイト)

×