再び新型コロナ大流行の可能性も…ことし冬、韓国政府「事前に備え」

再び新型コロナ大流行の可能性も…ことし冬、韓国政府「事前に備え」

ことし冬、再び新型コロナ大流行の可能性も…韓国政府「事前に備え」(画像:news1)

韓国では、新型コロナウイルス感染症の流行が収まりつつあるが、韓国政府は今後収束に進んでいったとしても、冬に再び大流行の可能性があると見ている。また、これについて「事前の備えが必要」としている。

中央防疫対策本部のチョン・ウンギョン本部長は20日午後、定例ブリーフィングで「流行と緩和を繰り返しながら、冬の時期になるとウイルスが発生するタイミングとなって密閉された環境の中で再び大流行が起きる可能性があると見ている」とし、「このための準備と対策が必要と判断する」と述べた。

また、チョン本部長は「専門家らも現在、新型コロナウイルスの流行が速いスピードで収束するのは難しく、ウイルスの特性自体が軽症や無症状でも感染するなど、感染力も強いと見ている」とした上で、「感染後に免疫水準がどこまで上がるか、いつまで持続するか、未だ明かされていないため完全に終息するのは難しく、長期的に続くだろう」と説明。

土着化についても「免疫力の形成や流行の程度などを見た後に判断可能」としながら、「ある程度、数年間は流行が継続する可能性がる」と述べた。

関連記事(外部サイト)

×