「自分や隣人が無症状感染者の可能性ある、警戒心必要」=韓国首相

「自分や隣人が無症状感染者の可能性ある、警戒心必要」=韓国首相

「自分や隣人が無症状感染者の可能性ある、警戒心必要」=韓国首相(提供:news1)

韓国のチョン・セギュン(丁世均)首相が21日、「自分や隣人、道で出くわす人が無症状の感染者の可能性もあるとの警戒心を持つべきだ」とし、徹底した防疫規則順守を求めた。

丁首相は同日午前、政府ソウル庁舎で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応のための中央災難(災害)安全対策本部会議を開き、「社会的距離の確保はわれわれの目標である生活の中の距離確保へ移行するための中間段階だ。一部業種制限が緩和されただけで、一般国民が守るべき防疫規則は、強化された社会的距離の確保とほとんど変わらない」と強調。

丁首相は「個人衛生規則を遵守するのはもちろん、人に会う席ではマスクを着用し、室内密集施設は必ず必要な場合を除いてはなるべく利用を自制しなければならない」とし、「世界が注目する防疫成果を成し遂げた韓国国民の高い市民意識が発揮されると信じている」と述べた。

また「生活の中の距離確保とは、日常生活を営むために防疫側面で以前より高いリスクを甘受すること」とし、「大規模拡散などの問題が発生すれば、いつでも距離確保の強度を高めなければならない」と強調した。

最後に「感染症の特性上、伝播が始まった後は手遅れになるため、リスクを早期に発見する体制の必要性が高まった」とし、「関係機関で地域社会の脆弱部分を中心に随時、サンプリング検査の実施策を検討してほしい。リスクが大きくなる前に先制的に対応する早期の警報装置になり得る」と述べた。

関連記事(外部サイト)

×