韓国統一部、金正恩氏の危篤説に「確認できる事項ない…見守っている」

韓国統一部、金正恩氏の危篤説に「確認できる事項ない…見守っている」

韓国統一部、金正恩氏の危篤説に「確認できる事項ない…見守っている」(提供:news1)

韓国統一部が21日、一部メディアが報道した北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)氏の「健康異常説」について「確認できる事項はない」とし「見守っている」と明らかにした。

統一部の当局者はこの日、記者らに「(金正恩氏の健康異常説と関連した)マスコミ報道を見ており、関連事項について見守っている」と述べた。

同当局者はCNN報道を言及し「金委員長の健康異常説の情報を米国も注視しているという内容で、統一部が確認するほどのことはない」と付け加えた。

CNNは同日、米政府筋の話として、金正恩国務委員長が手術後、重体に陥っているという情報を入手したと報じた。北朝鮮専門メディア「デイリーNK」も同日、北朝鮮内部の消息筋を引用し、「金委員長が12日、心血管系の手術を受けた」と報じている。

関連記事(外部サイト)

×