オリンピック延期費用3000億円=IOC「日本が負担することを強く要求」

オリンピック延期費用3000億円=IOC「日本が負担することを強く要求」

安倍首相は東京オリンピックの1年延期による追加費用3000億円を日本が負担することに同意した(提供:wowkorea.jp)

新型コロナウイルス感染症の拡散により頭を痛めている安倍首相率いる日本政府に、更にやっかいなことが起きた。

3000億円にのぼる東京オリンピックの延期費用を全額負担しなければならないということ。

今日(21日)日本の通信社によると、国際オリンピック委員会(IOC)は安倍首相が現行の契約条件に従って東京オリンピックの1年延期による追加費用3000億円を日本が負担することに同意したことを明らかにした。

東京オリンピック組織委員会の森喜朗会長は「オリンピック延期という初めての事態に、費用がどのくらいかかるのか、IOCも共に悩むべきである」とIOCに圧力をかけていた。

この通信社は、IOCが費用の協力に難色を示したとし、日本が負担することを強く要求する姿勢を一層明確にしたと伝えた。

東京オリンピック組織委員会は、今回のオリンピックの1年延期で3000億円という費用負担を推算していたが、一方で来年も東京オリンピックの開催が危ぶまれるという悲観的な予測をしている。

関連記事(外部サイト)

×