金正恩「側近たちと地方に留まり正常活動」…特異動向なし=韓国大統領府

金正恩「側近たちと地方に留まり正常活動」…特異動向なし=韓国大統領府

韓国大統領府は21日「金正恩委員長は現在、側近たちとともに地方に留まっていると把握している」として“健康異常説”を否認した(提供:news1)

青瓦台(韓国大統領府)は今日(21日)、米国メディアによるキム・ジョンウン(金正恩)北朝鮮国務委員長の動向について「キム委員長は現在、側近たちとともに地方に留まっていると把握している」として“健康異常説”を否認した。

青瓦台の関係者はこの日の韓国メディアとのインタビューで「健康異常説を裏付ける何の特異動向も把握されていない」と語った。

キム委員長が留まっている地方は、一部ではキム委員長が手術を受けて治療中であると報道されたミョウヒャンサン(妙香山)近隣ではないとしている。

この関係者は「キム委員長は正常に活動しているとみられる」とし「朝鮮労働党、内閣、軍部など、どこにも非常警戒のような特別な動きは把握されていない」とも伝えた。

ただ「先日の錦繍山記念宮殿での参拝に参加しなかった背景については注視しておかなければならない」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)

×