米韓、22日に国防対話=新型コロナに関する協力など議論

米韓、22日に国防対話=新型コロナに関する協力など議論

米韓、22日に国防対話=新型コロナに関する協力など議論(提供:news1)

米韓国防当局が22日、統合国防対話(KIDD)の第17回会合を開催する。

21日、国防部は「今回の会議は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況による移動制限に、遠隔テレビ会議として行われる予定」と明らかにした。

今回の会議で、米韓は朝鮮半島の安保情勢の評価を共有し、朝鮮半島の非核化及び恒久的平和定着に向けた協力、新型コロナウイルス感染拡大に関する協力案などについて意見を交換する予定だ。

また、条件に基づいた戦作権返還の推進を点検し、相互補完的韓米同盟の発展に向けた国防協力増進案についても論議する。

これにより、難航している米韓の駐留経費負担に関する特別協定(SMA)の交渉問題も取り上げられる可能性が高い中、妥結の糸口が見出せるかどうかが注目される。

関連記事(外部サイト)

×