韓国−ASEAN、新型コロナウェブセミナー開催=約800人が参加

韓国−ASEAN、新型コロナウェブセミナー開催=約800人が参加

韓国−ASEAN、新型コロナウェブセミナー開催=約800人が参加(提供:news1)

韓国政府がASEANの保健関係者を対象に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ウェブセミナーを開催したと23日、明らかにした。

外交部、保健福祉部、韓国保健産業振興院、ソウル大学病院、韓国国際医療協会は22日午後7時から「韓−ASEANウェブセミナー」を開催した。

今回のウェブセミナーは、新型コロナウイルスに関して、ソウル大学病院の感染管理現状を紹介し、新型コロナウイルス患者の臨床経験発表で行われた。チャットを通じてリアルタイムでの質疑応答も続いた。

ウェブセミナーにはミャンマーの保健体育部長官をはじめとするASEANの保健当局及び専門家ら約800人が参加した。ASEAN事務局は発表内容が非常に有益だとし、資料の共有を要請した。

参加者らは韓国の軽症患者管理の隔離治療のための生活治療センター、再感染者対応管理を含めた感染管理に大きな関心を示した。さらに、韓国の医療陣が実際の事例を共有し、適切な助言を提供してくれたことに対して、自国内のコロナ19対応に大変役立つだろうと、感謝を示した。

関連記事(外部サイト)