労働新聞、正恩氏「革命実録」を報道も公開活動は無し

労働新聞、正恩氏「革命実録」を報道も公開活動は無し

労働新聞、正恩氏「革命実録」を報道も公開活動は無し(画像:news1)

北朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は24日、キム・ジョンウン(金正恩)委員長の「革命実録」を報道し、最高指導者に対する忠誠心を改めて強調した。

ただし、金委員長の健康異常説については触れなかった。また、金委員長の公開的な活動も紙面には出ていない。

新聞はこの日、二面全面に掲載した「偉大なる父の胸の中に人民は限りなく生きよ」と題した記事を通して、金委員長が執権後8年間見せてきた「人民愛」の軌跡を報道。

「人民愛の最高化身でいる元首様が生きていたこの世界が、賞賛する偉大な我々人民がおり、人民の天下一強国もある」とし、「我々人民は偉大な父の導きに運命も未来も全て任せて、その胸の中で幸せに生きていく」と強調した。

関連記事(外部サイト)

×