文大統領支持率62%…与党も“共に”上昇「大統領のおかげ」=韓国

文大統領支持率62%…与党も“共に”上昇「大統領のおかげ」=韓国

韓国のムン・ジェイン大統領の国政遂行支持率は、先週より3%上昇した62%に達した(提供:news1)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領の国政遂行支持率は、先週(59%)より3%上昇した62%に達した。去る2018年10月ピョンヤン(平壌)での南北首脳会談以降1年6か月ぶりに60%を突破した。

世論調査専門会社の韓国ギャラップは去る21日から23日に韓国内の成人1001人に「文大統領は職務をよく遂行していると思うか」と質問した結果、先週より3%多い62%の回答者が肯定的な評価をしたと今日(24日)伝えた。「よくやっていない」は先週より3%下がり30%と集計され、8%は意見を留保した。

文大統領の職務肯定率が60%を越えたのは、2018年10月3週目(62%)以降1年6か月ぶりである。文大統領の肯定率は先日の国会議員総選挙の直前まで7週連続上昇していて、選挙後の今週もその上昇の勢いはつづいている。

韓国ギャラップの関係者は「基本的に“新型コロナウイルス感染症への対処”に対する評価が肯定率の上昇を押し上げているが、選挙の結果も一部影響がある」とし「選挙後に勝利した政党や勢力に対する支持度も上がる現象は以前にも見られた」と説明した。「これからの関心事は新型コロナに関する経済問題になるだろう」と予測した。

政党支持度は与党“共に民主党”が先週より3%上がって43%で1位となった。最大野党“未来統合党”は25%から22%に下落した。

関連記事(外部サイト)

×