「米国が中国の13倍?」新型コロナの死者、20万人を超える

「米国が中国の13倍?」新型コロナの死者、20万人を超える

コロナによる全世界死亡者20万人を超える(提供:news1)

新型コロナウイルスによる全世界の死者が20万人を超えた。

25日(現地時間)、ロイター通信は独自集計の結果、新型コロナウイルスによる死者が20万人を突破したと報じた。

世界的な統計サイトのワールド・オーメーターも、死者が20万人を突破したと集計し、感染者も300万人突破を目前にしていると発表した。

20万人の死者のうち半数以上がアメリカ、スペイン、イタリアで報告された。

国別に見ると、アメリカが1位で死者が5万4121人発生し、2位のイタリア(2万6384人)の約2倍だ。

アメリカとイタリアに次いでスペインが2万2902人、フランスが2万2614人、イギリスが2万319人の死者を記録している。 感染源である中国は死者が4000人程度にとどまっている。

新型コロナウイルスによる最初の死者は今年1月10日、中国の武漢で報告された。 その後、死亡者が10万人を超えるのに91日かかり、20万人を超えるには16日しかかからなかった。

一方、世界で最も致命的な伝染病の一つであるマラリアで、毎年40万人の死者が発生するとロイターは伝えた。

関連記事(外部サイト)