韓国首相、「5月初めには登校の時期・方法を国民に説明を」

韓国首相、「5月初めには登校の時期・方法を国民に説明を」

韓国首相、「5月初めには登校の時期・方法を国民に説明を」(提供:news1)

韓国のチョン・セギュン(丁世均)が27日、「教育部は遅くとも5月初めには登校の時期と方法を国民に伝えられるよう、諸般の手続きを進めてほしい」とし「特に入試を控えた高3・中3の学生たちを優先考慮し、順次投稿させる案について集中的に意見を取りまとめてほしい」と指示した。

丁首相はこの日午前、政府ソウル庁舎で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応する中央災難(災害)安全対策本部会議を主宰し、「子どもたちの安全は妥協できないが、いつになるか分からない(新型コロナウイルスの)終息を待ちながら、生徒たちをずっと家に閉じ込めておくことはできない」と述べた。

また「オンライン新学期開始を決定するときと同様に、地域社会と保護者の考えが重要だ」とし「履行を決める時期が近づいているため時間は多くない」と述べた。

続けて「登校する場合、現場の学校で準備する事項がとても多い」とし、「先生たちはマスクを着用して授業をするのか、物理的な距離を置くのをどう維持するのか、給食衛生はどう確保するのか一つや二つではない、少なくとも1週間の準備期間が必要だというのが現場の意見」と強調した。

関連記事(外部サイト)

×