中3・高3の登校開始、5月7〜11日が有力か=韓国

中3・高3の登校開始、5月7〜11日が有力か=韓国

中3・高3の登校開始、5月7〜11日が有力か=韓国(画像:news1)

韓国政府は、中3・高3から順次、登校を開始する案について現場の意見を集めることとし、「登校開始」については時期をいつにするかのみ議論が残っている。

教育界では5月6日から11日の間に、高3から順次登校する案が浮上している。しかし、依然として「登校は慎重に決定すべき」との声も多く、時期が延びる可能性もある。

韓国のチョン・セギュン(丁世均)首相は27日午前、政府ソウル庁舎で新型コロナウイルス感染症対応のための中央災難(災害)対策本部会議を主宰し、遅くても5月はじめに教育部に対して登校開始の時期と案をアナウンスし、高3・中3から順次登校を開始する案を検討するよう指示した。

教育界では、今後も韓国国内で新規感染者数が現時点での数値を維持し、社会的距離の確保が「生活の中での距離確保」に転換されるならば、早ければ5月6日から11日の間に、高3・中3から登校が開始される可能性が高いとみている。5月6日、7日、11日など具体的な日付も挙げられている。

ただし、5月5日まで「社会的距離の確保」の期間である点を勘案すると、その翌日(5月6日)から登校開始とするのは「早急だ」との指摘が一部であがっている。丁首相は「少なくても1週間の準備期間が必要」と明かした点から、5月7〜11日の間に、高3から登校が開始される可能性高いとみられる。

関連記事(外部サイト)

×