北朝鮮核問題担当の米韓高官が電話会談 「金正恩氏の特異動向ないとの意見で一致」

北朝鮮核問題担当の米韓高官が電話会談 「金正恩氏の特異動向ないとの意見で一致」

北朝鮮核問題担当の米韓高官が電話会談 「金正恩氏の特異動向ないとの意見で一致」(提供:news1)

米韓の北朝鮮核問題担当高官が28日、最近浮上した北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長の健康異常説などに対する評価を共有し、北朝鮮内に特異動向がないという点に異見はないと確認した。

韓国外交部(外務省に相当)によると、外交部のイ・ドフン(李度勲)朝鮮半島平和交渉本部長は同日午前、北朝鮮担当特別代表を兼ねるビーガン米国務副長官と電話会談をおこなった。

外交消息筋によると、両国は最近の朝鮮半島の状況について話し合う過程で、金委員長の健康異常説に対する両国の評価やと情報も共有し、特異動向がないことで意見の相違がないことを確認した。

さらに両国は、最近の朝鮮半島状況への評価を共有し、朝鮮半島の完全な非核化及び恒久的平和定着に向けた両国間の協力案について議論した。

米韓は北核・北朝鮮問題関連の各級で継続中の両国間のコミュニケーション・協議を評価し、今後も緊密な協力を続けていく。

関連記事(外部サイト)

×