危篤説の金正恩、「乗船中」の可能性…北朝鮮の元山で豪華ボートの動き

危篤説の金正恩、「乗船中」の可能性…北朝鮮の元山で豪華ボートの動き

北朝鮮専門メディアは、キム委員長のたびたび利用する豪華ボートが元山の海で活動している様子が衛星写真で発見されたと伝えた(提供:news1)

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長が“ウォンサン(元山)”に滞在していることを示唆する分析が再びあがってきた。今回は衛星写真でキム委員長が利用する豪華ボートの動きが捉えられた。

北朝鮮専門メディアであるNKニュースは28日付けの記事で、キム委員長のたびたび利用する豪華ボートが今月に元山の海で活動している様子が衛星写真で発見されたと伝えた。

特に北朝鮮が短距離地対艦巡航ミサイルを実験発射した14日あたりに、この船舶に特異な動きがみられたとされている。

このメディアは、豪華ボートの動きがこの間キム委員長の位置と関係があるとして、現在キム委員長はその該当地域に滞在している可能性を示唆するものだと主張した。

またこのメディアは、2016年の夏以降この豪華ボートが長期に出港した事例が17回あり、そのうち11回は同じ頃にキム委員長が元山やその近隣地域に滞在していたことを確認していると説明した。

関連記事(外部サイト)

×