米中「コロナ冷戦」の本格化…韓国の選択は?

米中「コロナ冷戦」の本格化…韓国の選択は?

新型コロナウイルス感染症の拡散の中、「米中コロナ冷戦」に突入したといわれている(提供:news1)

新型コロナウイルス感染症の拡散の中、主要国である米国と中国は協力したとしてもこの困難を克服するのが大変な状況で、お互いに相手のせいにしてその責任を押し付けている。まさに「米中コロナ冷戦」に突入したわけである。

ドナルド・トランプ米国大統領は「莫大な賠償金を(中国に)請求するかも」と言うと、中国は「我々も被害者だ」と言い返している。

トランプ大統領は27日“ドイツのように中国に賠償を請求するのか”という質問に「米国はドイツよりも多くの賠償金を請求するかも」と語った。また「中国が速やかに対応していたら新型コロナの拡散は遮断できた」と語った。

米国のこの動きに中国は「中国政府は新型コロナに関連したすべての情報を透明に公開し、防疫のノウハウを各国に提供した」と主張した。

この主張には一理あるともされている。中国が武漢封鎖で時間を稼いでいる間の韓国と米国を比較してみると、韓国は先制的な診断検査で新型コロナの感染経路を把握しようと努力し、その火種を抑えようとしていたのに対し、米国は初動防疫に失敗し、感染経路の把握ができず拡散してしまった。

トランプ大統領はコロナの発病当初「私の友人、習近平中国国家主席がきちんと処理してくれるだろう」と語り、“対岸の火事”と見ていた。

その後、トランプ大統領の中国に対する人種差別的な発言もあり、米国民の反中感情は高まり、これからも一層ひどくなるとされている。

このような「米中コロナ冷戦」の中、韓国の選択はどうなるのだろうか。米ソの冷戦時代には韓国にとって選択の余地がなかった。

現在、安保は米国に、経済は中国に依存している韓国は、今回の米中冷戦では選択の余地がある。しかし選択できるほうがもっと辛い場合もある。

関連記事(外部サイト)

×