米偵察機リベット・ジョイント、朝鮮半島上空で対北朝鮮監視飛行

米偵察機リベット・ジョイント、朝鮮半島上空で対北朝鮮監視飛行

米偵察機リベット・ジョイント、朝鮮半島上空で対北朝鮮監視飛行(提供:news1)

キム・ジョンウン(金正恩)北朝鮮国務委員長の身辺異常説が続く中、米軍が1日、朝鮮半島上空で対北朝鮮偵察活動を行った。

民間航空追跡サイト「エアクラフトスポット」によると、米国空軍偵察機のリベット・ジョイント(RC-135W)が同日、首都圏上空を飛行した。

米国空軍の主力通信傍受偵察機RC-135Wは、通信信号情報を主に収集・分析し、北朝鮮のミサイル発射の兆候があったり、発射後の追加的な動向を把握するために動員されることで知られている偵察機だ。

最近、朝鮮半島上空には、ジョイント・スターズなどをはじめ、米軍特殊偵察機が相次いで出撃して関心を集めている。

ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送は、エアクラフトスポットなどを引用して、ジョイント・スターズが先月14日から27日までの間、朝鮮半島に計8日間出撃したとして、これは非常に異例のことだと報道した。

関連記事(外部サイト)

×