空の道途絶えたインドで白血病の韓国の子供、日本の特別機で帰国の途へ=韓国報道

空の道途絶えたインドで白血病の韓国の子供、日本の特別機で帰国の途へ=韓国報道

急性白血病の韓国人幼児が、日本の特別機を通じて韓国に帰国できるようになった(提供:news1)

新型コロナウイルス感染症の影響で帰国の航空便が途切れているインドで、急性白血病にかかり治療に困難をきたしている韓国人の幼児が、日本の特別機を通じて韓国に帰国できるようになった。

今日(4日)韓国外交部(外務省に相当)とインド現地の韓国人コミュニティによると、韓国人の5歳の女の子はこの日の午後7時ごろ(現地時間)インドのデリーを日本航空の特別機で帰国の途に就く。この女の子の家族はインドに住んでいる韓国国籍者たちで、この航空機に女の子の母親と姉が同乗するものと伝えられている。

この女の子とその家族は5日午前に東京羽田空港に到着し、同日午後に韓国インチョン空港に到着する予定である。日本を経由する時は駐日韓国大使館がこの家族を支援する計画である。

インドは現在新型コロナ事態で航空便を中断している状態の中、結局駐インド韓国大使館が駐インド日本大使館と協力してこの日の午後に出発する日本特別機にこの女の子家族を搭乗させることになった。この特別機は駐インド日本大使館が準備した臨時航空便である。

関連記事(外部サイト)

×