美容室・ジムに再び人が…慎重な「生活上ソーシャル・ディスタンス」へ=韓国

美容室・ジムに再び人が…慎重な「生活上ソーシャル・ディスタンス」へ=韓国

美容室・ジムに再び人が…慎重な「生活上のソーシャル・ディスタンス」へ=韓国(画像:news1)

韓国で、美容室やジムに再び人が押し寄せる日々に戻る中で、慎重な「生活上のソーシャル・ディスタンス」が求められる。

生活の中での「ソーシャル・ディスタンス」転換の初日である6日昼12時、ソウル市内にあるジム入り口には来る10日まで特別割聞イベントを行うとの案内が大きく掲げられていた。ジムトレーナーのユン某さん(31)は「社会的なやめていた会員たちから再び問合せが多く寄せられており、割引イベントを企画した」と説明した。

これを前に、韓国政府は新型コロナウイルス感染症予防のため実施していた「ソーシャル・ディスタンス」を終えて、この日(6日)から多少緩和されたレベルの「生活の中での距離確保」に転換すると発表。

1か月以上続いた「ソーシャル・ディスタンス」で精神的にも疲労していた市民らは、「生活の中の距離確保」に切り替えられたことを”歓迎”するムードだ。会えなかった友人に会い、新型コロナ感染拡大以降ストップしていたジム通いや美容室の利用など通常の生活へと徐々に戻っていくが、新型コロナウイルスが完全に終息していないだけに、「緊張の糸を切るわけにはいかない」との声も多く聞かれている。

関連記事(外部サイト)