「韓国、最悪のコロナに耐え、いまや正常化の段階」=フランスの通信社

「韓国、最悪のコロナに耐え、いまや正常化の段階」=フランスの通信社

韓国はおおむね例年の姿を取り戻したと報道された(提供:news1)

新型コロナウイルス感染症の発病初期、最多感染国のひとつであった韓国が、強制封鎖措置なしに困難な状況を耐え、いまや正常化の段階へと進んでいるとフランスのAFP通信が6日(現地時間)報道した。

APF通信は、会社員たちが職場に復帰し、博物館と図書館は“社会的距離確保”から“生活の中の距離確保”へと転換されたことによって再び門を開いたことで、韓国はおおむね例年の姿を取り戻したと伝えた。

また「韓国は新型コロナの発病初期には中国の次に被害が大きかったが、これを克服した」とし「強制的封鎖措置はとらず、厳格な“社会的距離確保”が広範囲に守られた」と分析した。

つづけて、広範囲において感染者の追跡・検査・治療を可能にした韓国政府のシステムは、新型コロナの拡散を防ぐのに大きく寄与したと評価した。

関連記事(外部サイト)

×