文大統領、早ければ8日に次期国務調整室長に企画財政部次官を任命

文大統領、早ければ8日に次期国務調整室長に企画財政部次官を任命

文大統領、早ければ8日に次期国務調整室長に企画財政部次官を任命(提供:韓国企画財政部)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が、早ければ8日に次期国務調整室長にグ・ユンチョル(具潤哲)企画財政部(日本の財務省に相当)第2次官を任命することが分かった。

7日、韓国大統領府と政府などによると、ムン・ジェイン大統領は早ければ8日、閣僚級の国務調整室長と次官級の国務調整室第1・第2次長の人事に踏み切る計画であると伝えた。

各部署の業務全般を調整する国務調整室に対する再整備は、大統領府と政府が「ポストコロナ」対応に乗り出す前に、チョン・セギュン(丁世均)首相を中心とした内閣に力を集中させる狙いがあると考えられる。

次期国務調整室長にはグ・ユンチョル次官が有力視されている。グ・ユンチョル次官は、代表的な予算通として知られている。これまでに、大統領秘書人事制度秘書官と国政状況室長を務め、企画財政部予算総括審議官、社会予算審議官、政策調整局長を経て、2017年8月にムン・ジェイン政府の最初の予算室長を務めた後、2018年12月に第2次官に起用された。「3年連続でなりたい上司」に選ばれ、話題となったこともある。

関連記事(外部サイト)

×