新型コロナなどで農産物の価格下落…「対策要求」を叫ぶ農家たち=韓国

新型コロナなどで農産物の価格下落…「対策要求」を叫ぶ農家たち=韓国

新型コロナなどで農産物の価格下落…「対策要求」を叫ぶ農家たち=韓国(提供:news1)

韓国の市民団体が、新型コロナウイルス感染症関連の対策作りや農産物の価格保障制度作りを要求して街頭デモに繰り出した。

全国農民会総連盟と全国女性農民会総連合などは7日午後、ソウル汝矣島の現代キャピタル本社前で「農産物の価格保障制度を設け、冷害被害の補償・新型コロナウイルス対策準備全国農民大会」を開いた。

これらは、△ニンニク2次対策補完△輸入タマネギ対策および消費減少分の予測を通じた政府買上げ進行△根本的価格の保障制度を準備するのための官民合同TF運営△冷害被害対策作りおよび自然災害補償法導入△新型コロナウイルスによる農業対策作りなどを要求した。

これらは決議文で「2019年史上最悪の農産物価格暴落を経験している」とし「再び始まる農産物価格下落の兆しに、毎年恒例の対策をそのまま発表したことで、ごまかしだけの対策を最善の対策として自画自賛している」と批判した。

また「昨年秋の台風の増加によって自然災害が増え、今春は冷害による果樹農家の被害が極限に達したが、自然災害への対策を立てるよりも農漁業災害保険基金を縮小して、2次補正予算案を編成した」と皮肉った。

また、3次補正案に農業被害対策予算を含め、予測可能な被害を減らすために、予防の予算編成も必要だと主張した。

関連記事(外部サイト)