文大統領、「孝行する政府になる」=父母の日迎え

文大統領、「孝行する政府になる」=父母の日迎え

文大統領、「孝行する政府になる」=父母の日迎え(提供:news1)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は韓国の「父母の日」である8日「子供たちの役目を果たす“孝行する政府”になる」と明らかにした。

文大統領はこの日、SNSを通じて「父母の日は親を敬う日」と伝えた。

文大統領は「親への最高の尊敬は知恵を学ぶことだ。韓国の高齢者は植民地、戦争、貧困、独裁のような多くの危機を乗り越え、今日の大韓民国を作った方々」とし「今日の危機を克服する知恵も親から学ぶことができる」と明らかにした。

また文大統領は「韓国国民もどの国より高い市民意識を持つようになった。世界標準となったK防疫(新型コロナウイルス対策)で高まった国家地位も、ある日突然実現したわけではない」とし、「私たちが自負心を持つように実力を育ててくれた親に、親の日を迎えて深い尊敬と感謝のクンジョル(最上級のお辞儀)をささげる」と伝えた。

さらに「親が作ろうとした“明日”が私たちの“今日”になった。私たちは親の人生を一つ一つ記憶し、より深く敬うだろう。子どもの役割を果たす“孝行する政府"になる」とし「老後の健康と福祉をよりきめ細かく管理していく。より長く社会的役割を果たせるよう雇用など活動の空間を広げていきたい」と強調した。

文大統領は「親にも愛の心を思う存分表現してほしい。この世のすべての父、母に、カーネーションとともに愛と尊敬の気持ちをささげる」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)

×