中国「虚偽情報だ」…「WHOへのパンデミック延期の要請」報道に“激怒”

中国「虚偽情報だ」…「WHOへのパンデミック延期の要請」報道に“激怒”

趙立堅 中国外務省報道官(提供:news1)

中国政府は11日、習近平中国国家主席が世界保健機構(WHO)側に新型コロナウイルス感染症のパンデミック宣言を延期してほしいと要請したというドイツの週刊誌“デア・シュピーゲル”の報道に対して「虚偽情報だ」と反論した。

趙立堅 中国外務省報道官はこの日の定例会見で該当報道に対する質問に「中国指導者は去る1月21日、WHO事務局長と通話していない。WHOが既に詳細に説明したことだ」と答えた。

趙報道官は「関連メディアが職業倫理を遵守し、これ以上虚偽情報を拡げないことを願う」と強調した。

ドイツの週刊誌“デア・シュピーゲル”は、ドイツの海外情報機関である連邦情報局(BND)からの引用で、習主席が新型コロナ発病初期である去る1月21日にテドロスWHO事務局長に電話をかけ、パンデミックの宣言を遅らせてほしいと要求したと9日(現地時間)報道していた。

関連記事(外部サイト)

×