韓国史上最悪のネット性犯罪“n番部屋事件”、チャットルーム創設者「ガッガッ」を拘束=裁判所が逮捕状発行

韓国史上最悪のネット性犯罪“n番部屋事件”、チャットルーム創設者「ガッガッ」を拘束=裁判所が逮捕状発行

韓国史上最悪のネット性犯罪“n番部屋事件”、チャットルーム創設者「ガッガッ」を拘束=裁判所が逮捕状発行(提供:news1)

インターネットメッセンジャー「Telegram(テレグラム)」で性搾取物共有グループチャット「n番部屋」を開設・運営した容疑をもたれている“ガッガッ”(ネット上ニックネーム)が拘束された。

テグ(大邱)地裁アンドン(安東)支部のクァク・ヨンソプ令状専担部長判事は12日、児童・青少年性保護法違反などの容疑がもたれている“ガッガッ”ことムン某容疑者(24)に対する拘束令状(逮捕状)を発行した。

クァク部長判事は「捜査と尋問過程での陳述態度などを総合すると、証拠隠滅や逃走する恐れがある」と述べ、逮捕状発行の事由を明らかにした。

警察は法的拘束期間である2か月間、ムン容疑者の犯罪容疑の立証と、チョ・ジュビンらとの犯罪関連性などを明らかにすることに捜査力を集中する計画だ。

関連記事(外部サイト)

×