韓国ソウル地下鉄、「マスクなし乗車禁止」根拠は交通系ICカードのデータ

韓国ソウル地下鉄、「マスクなし乗車禁止」根拠は交通系ICカードのデータ

韓国ソウル市の地下鉄の様子(提供:news1)

乗客が多い時、マスクを着用しなければ地下鉄に乗車できない。段階別に乗客数を把握して混雑時にはマスク未着用者は改札口進入ができなくなる。

韓国ソウル市はこのような内容を骨子とする“公共交通利用生活の距離確保対策”を今日(13日)から実施する。

ソウル市によると、ソウルの公共交通利用客は3月の1週目に最低値を記録したのち、4月から増加の勢いがみられた。これにより混雑度も増加している。交通ICカードのデータを活用して地下鉄と市内バスの混雑度を分析した結果、現在の混雑度は新型コロナウイルス感染症事態以前の約80%から90%水準であると推定されている。

これにソウル市とソウル交通公社は、地下鉄での感染の危険を減らすために“電動車利用客混雑度管理基準”を立て、この日から混雑段階別に特別対策を施行する。

関連記事(外部サイト)

×