「南北鉄道・保健協力を促す」決議文採択=韓国民族統一協議会

「南北鉄道・保健協力を促す」決議文採択=韓国民族統一協議会

「南北鉄道・保健協力を促す」決議文採択=韓国民族統一協議会(提供:news1)

民間統一運動団体である「民族統一協議会」(以下、民統)が14日、南北鉄道連結、保健・防疫・医療協力、非武装地帯(DMZ)の国際平和地帯化など南北協力事業を積極的に推進することを促した。

民統はこの日、ソウルのプレスセンターで「創設39周年記念式」を開いて決議文を採択し、「南北関係の持続的発展のために、政府が推進している南北鉄道連結事業、DMZ国際平和地帯化事業、保健・医療・防疫など南北協力事業を積極的に促す」と明らかにした。

続けて民統は「離散家族交流方案の拡大、北朝鮮脆弱階層支援など人道的事業が成功的に進行されるよう、民間分野の役割と努力を約束する」と述べた。

また、現政府の対北朝鮮政策の3大目標である△北朝鮮の核解決と恒久的平和定着△持続可能な南北関係の発展△朝鮮半島における新経済構想の推進などに超党派支持基盤作りのための活動にも率先していくと強調した。

関連記事(外部サイト)