国内感染者数が大幅に減り、「優秀な防疫システム発揮」=文在寅大統領

国内感染者数が大幅に減り、「優秀な防疫システム発揮」=文在寅大統領

国内感染者数が大幅に減り、「優秀な防疫システム発揮」=文在寅大統領(提供:news1)

ムン・ジェイン(文在寅)大統領は17日、イテウォン(梨泰院)クラブ発・新型コロナウイルス感染症の拡大懸念にも感染者数が大幅に減ったことに対して「我々の優れた防疫システムが再び発揮されている」と述べた。

ムン・ジェイン大統領は、この日午後にSNSを通して「国民の皆様、最近の遊興施設で発生した集団感染が、追加集団感染として拡大することに心配されていることだろう」とし「しかし、日々の感染者数は再び10人台に落ち、そのうち国内の感染者は、最近の2日間で連続して一桁になり、大きく減少した」と伝えた。

疾病管理本部・中央防疫対策本部によると、同日0時時点(16日)の新規感染者数は13人で、このうちイテウォン(梨泰院)クラブ関連の感染者5人を含む地域新規感染者数は6人である。

ムン・ジェイン大統領は「国民の協力が大きな力になっている」とし「今回の感染者の中には、教会礼拝の参加者とコールセンターのスタッフもいたが、集団感染の拡大が発生していないのは、とても意味のある変化である」と評価した。

ムン・ジェイン大統領は「ウイルスとともに生きなければならないとしても、私たちは世界最高水準の防疫システムを備えており、危機を前にして力を集結させる世界最高の国民がいる」とし「お互いを信じて支え合い、防疫で世界をリードする大韓民国の誇りを引き続き取り組んでいくことを望む」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)

×