「終息されていないため、起源調査を行うにはまだ早い」=中国外交部

「終息されていないため、起源調査を行うにはまだ早い」=中国外交部

「終息されていないため、起源調査を行うにはまだ早い」=中国外交部(提供:news1)

中国外交部は、新型コロナウイルス感染症の起源を直ちに調査することは、時期尚早だという立場を明らかにした。

ロイター通信によると、趙立堅・中国外交部報道官は18日の定例会見で「世界の大多数の国々ではまだ伝染病が終息していない」と述べた。

海外の新型コロナウイルスの感染拡大がある程度収拾された後に、その起源について調査しようという発言であるとみられる。

新型コロナウイルスの発生が最初に報告された地域は、中国湖北省の武漢だ。

これに先立ち、ドナルド・トランプ米国大統領は、新型コロナウイルスが武漢のウイルス研究所から広まったという主張を重ねて、中国を圧迫してきた。

これに対して、中国外交部は今月7日、世界保健機関(WHO)のウイルス起源調査に協力するという立場を明らかにした。

なお、WHOは今月8日、武漢の水産物卸売市場が、新型コロナウイルスの事態に大きな役割を果たしたことは明らかであるという立場を示している。

関連記事(外部サイト)

×