日本も米国側に…WHO総会で「台湾を見習う」=韓国報道

日本も米国側に…WHO総会で「台湾を見習う」=韓国報道

台湾の世界保健総会の参加において米中が衝突している中、日本も中国に牽制球を投げた(提供:news1)

台湾の世界保健総会(WHA)の参加において米国と中国が衝突している中、日本も中国に牽制球を投げた。

今日(19日)共同通信と産経新聞など日本のメディアによると、加藤勝信厚生労働相はこの日に開かれたWHO総会で「台湾のような公衆衛生上の成果を上げた地域を参考にすべきだ」と指摘した。

つづけて「新型コロナウイルス感染症に対してひとりでも多くの生命を救うためには、全世界の全ての情報、知識を総動員して対処することが重要だ」とし「特定地域が取り残されて地理的空白が生じないようにすることが世界の感染拡大防止という目的に合うことだ」と語った。

共同通信は、台湾がWHAに参加できないことについて、加藤厚労相が世界保健機構(WHO)を批判したと報道した。

関連記事(外部サイト)

×