韓国政治の論客「与党の人たち、尹美香を救おうと元慰安婦を説得したが失敗したようだ」

韓国政治の論客「与党の人たち、尹美香を救おうと元慰安婦を説得したが失敗したようだ」

左頬の部分が傷つけられた韓国ソウルにある“平和の少女像”(提供:news1)

韓国政治の論客であるチン・ジュングォン(陳重権)前東洋大学教授は、与党“共に民主党”が、元慰安婦支援団体“正義記憶連帯(正義連)”の元理事長であるユン・ミヒャン(尹美香)”共に民主党”比例代表議員を救うために元慰安婦のイ・ヨンス(李容洙)氏を説得しようとしたが失敗したようだとし、世の中を騙すことを考えず「ユン議員を“清算”せよ」と要求した。

チン氏は20日夜に自身のフェイスブックに「民主党あるいはユン議員側から“言論プレー(意図的なマスコミ利用)”をした」と指摘した。これはユン議員がテグ(大邱)に行きイ・ヨンス氏を訪ねひざまずいて許しを請い、イ氏がユン議員を抱きしめたという報道を意味している。

つづけてチン氏は「多分、イ氏を説得して無理やり和解させた後、これをきっかけにユン議員を救おうと試みたものだったのだろうが、結局失敗したようだ」と伝えた。このことはイ氏がユン議員との対面で和解をしたように伝えられたが、「抱きしめただけで許したわけではない」と追加報道されたことを指している。

また「結局、言論を通じて世界を捏造する者たちのやり方が改めて明らかとなった。このように(捏造によって)世界は作られているということを今やわからなければならない」と強調した。

関連記事(外部サイト)

×