米中の“秘密チャンネル”も断絶…両国の緊張、一層高まる

米中の“秘密チャンネル”も断絶…両国の緊張、一層高まる

米中間の非公式の外交チャンネルさえも断絶し、関係が一層悪化していると報道された(提供:news1)

新型コロナウイルス感染症事態で米国と中国の葛藤が極に達している中、非公式の外交チャンネルさえも断絶し、関係が一層悪化していると香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)が今日(21日)報道した。

SCMPによると、外交チャンネルの完全な断絶は、新型コロナにより葛藤を起こしている米国と中国の仲が悪化しつづけている理由の一つである。公式チャンネルはもちろん非公式の外交チャンネルも途切れたものとみられている。

中国グローバルセンターの所長は「米中政府の関係者、企業の役員、前職の官僚と学界の人物との間での水面下の接触は、新型コロナによる葛藤と旅行制限により完全に中断した」とし「状況はとてもよくない」と語った。

疎通チャンネルが途切れたせいで米国と中国は公開論評とツイッターなどで互いを非難している。ドナルド・トランプ米国大統領は連日メディアを通じて「中国の統計は信じられない」、「中国にひどく失望した」など、中国を非難している。

これに中国外務省の高官たちもツイッターを通じて米国に非難の矛先を向けて反撃している。

中国国務院の諮問委員は「外交チャンネルがなく両国の指導者が互いに言いたいことを直接言わず、報道官とメディアを通じて間接的にだけ伝えている状況だ」とし「これは疎通の実効性を損ない、誤解を生む可能性がある」と憂慮している。

中国武漢から始まった新型コロナが米国で約9万人以上の死者を出している。これに米国は“中国責任論”を唱え、中国に向けて全方位的に圧力をかけている。

関連記事(外部サイト)

×