“尹美香”の疑惑問題にも「文大統領の支持率65%」…「個人的な不正とみている」

“尹美香”の疑惑問題にも「文大統領の支持率65%」…「個人的な不正とみている」

韓国文大統領の職務遂行評価 最近の20週間(提供:news1)

今韓国で最も関心を集めている疑惑の渦中の人物、ユン・ミヒャン(尹美香)”共に民主党”比例代表議員は元慰安婦支援団体“正義記憶連帯(正義連)”の元理事長であるが、ユン議員とその団体の会計不正疑惑などの問題が今や与野党をはじめとした政界まで巻き込むという大きな関心事となっている。

このような“与党”ユン議員を中心とした大きな疑惑問題の中、ムン・ジェイン(文在寅)大統領の国政遂行支持率は先週と同じ65%を維持している。与党“共に民主党”の支持率はむしろ先週より2%上昇した。

韓国の世論調査企業“韓国ギャラップ”は、去る19日から21日に韓国内の成人1000人を対象に「文大統領は職務をよく遂行していると思うか」という質問の結果、先週と同じ65%の回答者が肯定的な評価をしたと今日(22日)伝えた。

「よくできていない」という回答は先週より1%下落の26%となった。

また与党“共に民主党”の支持率は先週より2%上昇の46%という結果である。

韓国ギャラップの関係者は「ユン議員は現在、政権の中心人物ではない状態なので、政党とつなげて考えられていないようだ」とし「個人的な不正や市民団体の不正であり、与党民主党の過ちとはみられていないようだ」と伝えた。

関連記事(外部サイト)

×