米商務省、中国の機関・企業33か所を“ブラックリストに追加

米商務省、中国の機関・企業33か所を“ブラックリストに追加

米商務省は、中国の機関と企業33か所を米国との輸出取引制限目録に追加した(提供:news1)

米国の商務省は、中国の機関と企業33か所を米国との輸出取引制限目録であるいわゆる“ブラックリスト”に追加した。

22日(現地時間)ロイター通信とAFP通信によると、米商務省はこの日に報道資料を出し、新疆ウイグル自治区での人権弾圧問題を理由に9か所の機関と企業をブラックリストにあげたことが明らかとなった。

米商務省のブラックリストにあがった企業に商品と技術を販売する米国企業は、米国政府から承認を受けなければならない。

米商務省は昨年10月にも新疆ウイグル自治区の人権侵害に関連あると判断された28の中国の機関と企業をブラックリストに追加していた。

米商務省はまた大量殺傷武器(WMD)開発について米国国家安保に脅威となると判断された中国の機関・企業24か所を輸出取引制限目録に追加した。

ロイター通信とAFP通信は、米国の今回の制裁は、中国の“香港国家保安法”制定推進を意識した動きであると報道した。

関連記事(外部サイト)