外国人プロスポーツ選手、新型コロナ関連の入国禁止免除=米国

外国人プロスポーツ選手、新型コロナ関連の入国禁止免除=米国

外国人プロスポーツ選手、新型コロナ関連の入国禁止免除=米国(提供:news1)

チャド・ウルフ米国国土安全保障長官代行が、米国プロスポーツ競技に出場する一部の外国人選手に対する新型コロナウイルス関連の入国禁止措置を免除すると明らかにした。

ロイター通信によると22日(現地時間)、チャド・ウルフ長官代行は声明で「今日のような環境で米国人にはスポーツが必要だ」とし「経済を再開しなければならない時であり、プロの運動選手を復帰させなければならない」と述べた。

声明は、この入国禁止免除が、選手たちのほか、スポーツリーグの運営に不可欠な職員や配偶者、扶養家族などにも適用されると明らかにした。

免除対象となるスポーツ種目は、メジャーリーグ(MLB)、プロバスケットボール(NBA)、女子プロバスケットボール(WNBA)、プロゴルフ協会(PGA)、女子プロゴルフ(LPGA)、北米アイスホッケーリーグ(NHL)、男子プロテニス(ATP)、女子プロテニス(WTA)などだ。

ドナルド・トランプ政権は、今年の新型コロナウイルスの大流行と戦うための果敢な規制措置により、数千万人の失業者が発生すると、経済の再開を進めている。

関連記事(外部サイト)