コインカラオケ店を利用した高3の妹まで…一家が感染=韓国

コインカラオケ店を利用した高3の妹まで…一家が感染=韓国

コインカラオケ店を利用した高3の妹まで…一家が感染=韓国(提供:news1)

イテウォン(梨泰院)のクラブに訪れていた塾講師と接触したことで新型コロナウイルスに感染した高校3年生の受講生のA君(18・仁川135番目)の妹が、同ウイルスの陽性反応となった。

A君の両親と弟に続き、妹まで感染したことで、一家全員が新型コロナウイルスに感染した。

インチョン(仁川)市によると24日、この日A君の妹であるBさん(16)が、新型コロナウイルスの陽性であると確認した。

これに先立ち、A君はイテウォン(梨泰院)のクラブに訪れていた塾講師(25・仁川102番目)と接触した後、今月9日にインチョン(仁川)市にあるコインカラオケ店を利用した。

A君の家族は、A君が陽性となった当日、彼の母親と弟が感染した。続いて、キョンギ(京畿)道ハナム(河南)市で職場生活をしているA君の父親が22日に感染した。

この日、A君の残りの家族であるBさんが陽性となり、家族全員が陽性反応となった。

これにより、インチョン(仁川)の累計感染者数は計145人に増えた。

市はBさんを仁荷大学病院に緊急移送して、疫学調査を進めている。

関連記事(外部サイト)

×