韓国史上最悪の性犯罪 ”n番部屋事件”、有料会員2人が令状審査に出席=「犯罪団体加入罪」の初適用

韓国史上最悪の性犯罪 ”n番部屋事件”、有料会員2人が令状審査に出席=「犯罪団体加入罪」の初適用

韓国史上最悪の性犯罪 ”n番部屋事件”、有料会員2人が令状審査に出席=「犯罪団体加入罪」の初適用(画像:news1)

未成年者性搾取物を制作し流布したTelegram(テレグラム)内チャットルーム「博士(パクサ)の部屋」の有料会員2人が拘束前被疑者審問(令状実質審査)を受けるため25日、裁判所に出席した。

「博士(パクサ)の部屋」の会員だったイム某容疑者とチャン某容疑者はメディアを避け、予定された時刻より早く裁判所に到着したことがわかった。

2人に対する令状実質審査は、ソウル中央地裁で同日午前10時30分より開始された。

これを前に、去る22日に予定されていた2人の令状実質審査は一部被疑者の弁護人の日程により、きょうに延期された。2人に対する拘束については、早ければ午後にも決定する。

なお、今回の令状審査は、警察と検察が「博士(パクサ)部屋」事件と関連し、「犯罪団体加入罪」を適用する初めての事案となる。

■事件の概要

去る2018年12月から2020年3月にかけて若い女性を中心に性的搾取や暴行にさらされ、そのようすがSNS上で”売買”されていた事件。

匿名性が強く、実態がわかりづらいメッセンジャーアプリケーション「Telegram(テレグラム)」内に設置された極秘のチャットルームで若い女性を中心に脅して撮影させた映像を公開し、これを有料公開としていた。各チャットルームが「1番部屋、2番部屋」などと数字がふられていたことから、総称して「n番部屋事件」と名付けられた。

レイプ動画などの過激な映像が閲覧できるチャットルームには、日本円で10万円を超える料金を請求するなど、部屋をレベルに分けるなどしていた。

関連記事(外部サイト)