交通機関でのマスク着用、26日より義務化=韓国

交通機関でのマスク着用、26日より義務化=韓国

交通機関でのマスク着用、26日より義務化=韓国(画像:news1)

韓国政府は今月26日より、交通機関での防疫管理を強化するためマスク着用を義務化する方針を発表した。

バスやタクシー、鉄道など交通手段は全て含まれ、航空機も運送約款に沿って搭乗客のマスク着用を義務化する。

中央事故収集本部のユン・テホ防疫総括班長は25日、定例ブリーフィングで「気温が上昇していることで、一部バスやタクシーの乗客、運転手の中にマスクを着用せずに乗車する事例が発生しており、現行の法令上、これを強化するのが難しかった」とした上で、「マスクを着用していない乗客に対する乗車拒否時、事業停止や罰金などの処分を課さないようにする計画」と明かした。

これにより、政府は26日よりバスやタクシーの場合、運転手がマスクを着用していない乗客の乗車を拒否しても、事業停止や罰金など処分を一時的に免除する。

乗客に加えて、運転手など従事者らもマスクを着用する義務が発生。運転手がマスクを着用していない場合、道知事が改善措置命令を下す。

航空機については、一部航空会社で個別に実施している搭乗客のマスク着用義務化を27日0時より全ての国際線・国内線に拡大し適用する。

関連記事(外部サイト)