封鎖措置の緩和に「100人のパーティーも許容」=ニュージーランド首相

封鎖措置の緩和に「100人のパーティーも許容」=ニュージーランド首相

封鎖措置の緩和に「100人のパーティーも許容」=ニュージーランド首相(提供:news1)

新型コロナウイルス感染症による封鎖措置を段階的に緩和するニュージーランドが、100人まで公共での集まりを許容する。

ワシントンポスト(WP)によると、ジャシンダ・アーダーン・ニュージーランド首相は25日(現地時間)の記者会見で「29日から最大100人規模の集まりを許容する予定だ」と明らかにした。

これにより、教会は現場での礼拝を再開することができ、葬儀も人員を10人未満に制限しない。

ただし、社会的な距離を確保するガイドラインはそのまま適用され、バーやクラブなどの舞台が人であふれることは許されていない。また、結婚式も出席者が6フィートの距離を維持できれば開くことができるとWPは説明した。

ジャシンダ・アーダーン首相は「パーティーは早速金曜日の夜から許容されるが、主催者は接触者の追跡のために(出席者の)リストを保管しなければならない」と述べた。

ニュージーランドでは、4月末に3段階にわたって封鎖措置を緩和した後、1日で1人程度の感染者が報告されている。感染者が発生しなかった日も多かった。

ジャシンダ・アーダーン首相は、ウイルスの拡大抑制に成功したということは、「私たちが他の人たちができない選択をすることができるということ」として、ニュージーランド政府は6月22日までに封鎖を1段階緩和するかどうか決めると説明した。

国際統計サイトのWorldometerによると、25日現在、ニュージーランドでは1504人が新型コロナウイルスに感染し、このうち21人が命を失った。

関連記事(外部サイト)

×