“尹美香”という泥沼に陥った韓国与党…辞退を望む世論70%に与党の掲示板は“炎上”

“尹美香”という泥沼に陥った韓国与党…辞退を望む世論70%に与党の掲示板は“炎上”

韓国のイ・ヘチャン与党“共に民主党”代表が会議で発言している(提供:news1)

元慰安婦支援団体“正義記憶連帯(正義連)” の元理事長であるユン・ミヒャン(尹美香)“共に民主党”比例代表議員(当選者)に対する韓国世論が連日悪化している中、与党“共に民主党”の負担は日ごと大きくなっている。イ・ヘチャン(李海チャン)与党代表が“口外禁止令”を下している状態であるが、ユン当選者問題に対して党が表に立って整理するべきだという声が一層大きくなっている。

与党指導部は今日(27日)「検察などの関係機関の事実確認が優先だ」とする既存の立場を維持しているが、与党の掲示板にはユン当選者の辞職を主張する声であふれた。同時に国民の70%が「辞職すべきだ」と回答した世論調査の結果が出た。

イ・ヘチャン与党代表はこの日の最高委員会議で、ユン当選者の問題について「事実が基とならなければ。一方的な暴露による疑惑提起に屈服してはならない」とし「関係当局は最大限、速やかに事実を確認し、国民の皆様も慎重に是非を見守ってから判断してほしい」と語った。

関連記事(外部サイト)

×